スタッフつぶやき

店舗を持つことの意味とは?

Kichi店長の坂梨です。

ここ数日、少しずつ地元の方が立ち寄って下さるお店になって来たという嬉しいご報告をさせて頂きました。

少しずつ前進しつつあることも感じます。
同時に、「店舗を持つことの意味とは?」ということも考えるようになってきました。

「誰かにとって必要な場所を作れたら、そこが自分にとって大事な場所になる」と思って始めました。内装もほぼ手をつけず、お客様に合わせてカスタマイズしていくことがお店の特徴であり、自分も想像できない先が楽しみと思っておりました。

しかし、「誰かの思考の先にできたもの」出ないと、誰も興味を持てないことを知った訳です。いわゆるコンセプトを感じないと、行ってみたいと思わないんだなぁ、と分かったわけです。

こんなお店をやりたい、ではなくこのお店が色々変わっていく部分を楽しみたい、を優先した結果は「なんのお店か分からない店」になってしまったんですね。

今はまず「喫茶店がある」ということを優先して知って頂きたいと思い、常連様や立ち寄って下さった方々のご意見を聞きつつ外装を作ってまいりました。

ここからは、店長である自分のエゴもないと「好きな店」にも「苦手な店」にもなれない「よくわからない店」になってしまう。

ネガディブに感じるかもしれませんが、開店するまで分からなかった事を勉強する毎日です。どんなお店にしたいか考え、皆様の居心地の良さを考えていきたいという「エゴ」を見つける事ができたという前向きな発見です。

ご来店の度に好きになれる場所にして参ります。
よろしくお願い致します。

そして、今日も昨日に引き続きたくさんの方にご来店いただきました。
本当にありがとうございました♪♪♪

明日もみなさんに会えるのを楽しみにしていますね★